大変な大掃除、それは引越しの

大変な大掃除、それは引越しの時です。

すべてを運び出してから、隅々まで掃除するのはもちろんですが、ちょっとずつでも、あらかじめ始めていくのが後々自分が楽になります。ポイントは荷物をまとめるより先に、まず、掃除から手を付けることだと思います。それによって、最後に簡単に掃除すれば仕上がります。引越しを実際に行うとなると、荷物を詰めて大量にあるダンボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんに混じり大型荷物を運んだりと大忙しです。

しばらくそうやって頑張って動いていると、手の方は家具の重みで真っ赤になります。業者さんの手はというと、きちんと軍手をはめています。引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分用の軍手が必要だなと思います。愚かなことをしてしまいました。一人暮らしのために、誰も呼ばずに自分一人で引っ越しをしたのです。なんとか行けるだろうと思っていたのです。

ですが、とても大事にしていた家具に大きなキズがついてしまったのです。

玄関から入る時、落して傷をつけてしまいました。とてもへこんでいます。
引っ越し費用は、運ぶものの多さだけではなく、運ぶ時期や戸建てなどの条件、その他の作業内容など、色々な条件によってきまっているので、同じ荷物量の場合だとしても、料金が大きく違うこともあります。たくさんの引越社から見積もりを取り寄せると安くしてくれる会社と安くしてくれない会社があります。
料金の差を見てみると違いがありすぎてびっくりします。

引っ越の際の立会いはやらなくてよいと思ってもしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

賃貸料金を支払って借りていた物件の場合には、不動産屋さんや物件の所有者が立ち会うことになります。敷金をいくら返すかに関わってきますから、とにかくキレイに清掃作業を完了しておいてください。また、修繕を要する箇所を、両者で確認し合うことで、トラブルを未然に防ぐことにもなります。この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、ぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、いらないものばかりがゾロゾロ出てきて仕分けが大変でした。

服なんて何年も着ていないものばかりでした。引っ越しの荷物作りを機に今までためこんでいたものを捨てられて、自分の持ち物も、自分の心も整理することができました。
引っ越し業者に払う料金は、思ったよりも割引になることが多いです。

私が引っ越した時もそうでした。1人分の荷物しかないということで、小さなトラックで運搬することとなり、それに応じて大きく値引きがされました。
また、荷物の梱包作業も自分でやったのがほとんどだったため、予定していたよりもずっと安くおさえることができました。
大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。

段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったということになると大変ですから、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。

引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。
とはいえ、引っ越し時には荷物の破損があった場合、補償する仕組みもあり、何もかも自分でやろうとがんばるのではなく業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。来月引っ越すので準備を進めていますが、ピアノを引っ越しの荷物にするか持っていかないで処分してしまうかを考えています。ピアノを弾くことはないので、ピアノもかわいそうかもしれません。

これを処分するにしても費用はかなりかかることでしょうし、本当に悩みどころです。

譲渡先があれば良いのですが、そういう方もなかなかいないものですね。引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。

この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが要因だと言えます。
多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと聞きますが、手続きがややこしいという点が原因だそうです。
電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。

通常では、引越しに追加料金を取られることはありません。

ただし、それは、引越し業者の見積もりが事前にあった場合や自己申告を行った時の荷物の量が正確な場合です。引っ越し業者というのは、トラックの容積や作業時間で引越し料金を算出しています。

もし、大幅に上回ってしまう場合には、追加料金を取られるでしょう。

引っ越しをプロに依頼する場合、布団の場合は、どうしよ?と考えている方も多いかもしれませんが、これは事前にチェックしておくべきでしょう。

大多数の場合、引越し屋は引越し当日、オリジナル布団袋を用意してくれ、それに入れて汚れることのないように引越し先まで運搬してくれます。

引越しの季節は、繁忙期と呼ばれる忙しい時と忙しくない時の2つにざっくりわけられます。

季節が春になるころで、運ぶ会社が混雑してしまう頃の、4月の前くらいが繁忙時期、そうでないときは一般のシーズンといいます。こんな感じでわけてしまっていますが、大きく分けてみるとこんな感じです。
引越し 諫早